FC2ブログ

具が何もなかった時の思いつき「チャーハン」


明日は師匠からの指令が下っているので、例の木耳(?なんてよむのかわかりますか!)を使った料理を作らなければいけないので材料も全て明日仕入れるつもりです。ということは今は、冷蔵庫の中にはめぼしい食材が何もない状態です。(大体木曜日は冷蔵庫の整理の日なので^_^;)

さあ何を作ろうかなー?とりあえずご飯はある、じゃあおかずは......やばい冷凍室にあるギョーザくらいしかない、しゃあない、焼ギョーザとあと1品キューリで何かサラダでも作るか、とご飯を見たら、あかん!昨日から保温状態のままなので見るからに固くなっている、これはもうこのご飯を生かすにはチャーハンしかないがなー、ではチャーハンの具はと冷蔵庫の中を見ると
冷凍室に小エビ・粒々玉ねぎ(これホント便利ですー!)
冷蔵室にはシーチキン・(調理済み食材)・ほうれん草のおひたしの残り

うん、これだけあれば何とかなりそうだ、ではチャーハンの具は小エビ・・粒々玉ねぎ・シーチキン・(調理済み食材)・ほうれん草のおひたしの残りということかな、こうなると今度はサラダの具がキューリだけになってしまう、臨場の内野聖陽じゃあるまいし、キューリをポリポリという野性的なイメージもいまいちだし、ここはシーチキン・ほうれん草のおひたしの残りをサラダの方にとっておくことにしよう。

チャーハンの具は小エビ・粒々玉ねぎ・(調理済み食材)で
サラダの具はシーチキン・ほうれん草のおひたしの残りで
作ることに決定!
そのレシピがこちらです。↓

冷凍室の小エビを水のはったボールにおいて30分ほど自然解凍にしておいて(この時にエビが溶けた際の戻り汁というか水はあとで炒める時に使います、多少の塩分があるので塩代わりに)、
この間にサラダを作っておこう、サラダはキューリをスライスして塩もみして、ほーれんそうのおひたしとシーチキンを混ぜ合わせる、最後にキューリも混ぜて完成!ナント簡単!
とりあえず冷蔵庫で冷やしておこう!

チャーハンは特に変わった方法でもなくオーソドックスな作り方で作ります。
イオラーはこのチャーハンのパラパラにすることだけは自信があります。細かく書くと即座に師匠の突っ込みが容赦なく飛んでくるのでここは割愛させて下さい!

ではここで師匠にも知ってもらいましょー
イオラーのチャーハンのパラパラ方法!

まず最も大事なことはフライパンをよく焼く事とだけ先に書いていましたが
同じくらい、いやこれで全てが決まるくいらい大事なのは
ご飯の固さ(炊き具合)です、水を多い目に炊いてしまったご飯では、いくらフライパンを焼こうが最高の具材・調味料を使おうが絶対にパラパラにはなりません。(これで何回も失敗したので実証ずみです)
ですから、パラパラチャーハンを作る為には、少し固い目くらいのご飯が最も適していると思います。

次にこのご飯を冷蔵庫に入れていた場合、よく冷ご飯からチャーハンを作るといわれますが、これは間違いだと思います。冷蔵庫に入れたご飯にはたっぷり水分が米と米に吸着しています。この水分があるとパラパラにはまずなりません、プロの料理人で業務用の火力のバーナーでもあれば別ですが、一般の人であればまず無理でしょう。

イオラーはこのような冷ご飯を使う場合は、電子レンジに2分ほど入れて水分を飛ばします。ここでも柔らかすぎるご飯では米と米との間に出来た水分は電子レンジでも飛びません、恐らく作る前に失敗の仕上がりがほぼ予想されます。

では道具編
フライパン(これは中華鍋が必要ですが普通のフライパンでも出来ないことはないとおもいますがちょっと難しいかも)
イオラーは中華鍋に似た底の深いものを使っています。中華鍋は底が丸いので片手では使いにくいので
あとは返しにつかうしゃもじくらいですね、※プラスチック製のような柔らかいやつは向きません、たまになっているご飯をほぐす固さが必要なので固い木で出来た奴がいいと思います。

調理編(書き忘れていました、これで2人前は出来ます)
具材を用意して、ボールにたまごを2個といておきます。
冷ご飯の場合、平たい皿に移したご飯を電子レンジで2分チンします。
フライパンを強火でけむりが出るまでよく焼きます。
けむりが出てきたら油をかなり多い目に入れて全体によく油をなじませます。
なじんだらフライパンの油をちょっとだけ残して一度別容器に移し替えます。
再度この状態で30秒ほどフライパンを焼きます。
ここで別容器(せともののような油で容器が溶けないもの)に移した油を半分(やや多い目)ほど投入して
ボールのたまごを入れ直ぐにご飯を入れてご飯の中にたまごをコーディングするようにたまごをいきわたらせます。
ここからはひたすらなべをあおってたまになっているところをじゃもじでつぶしていきます。
※火力は最後までマックスの強火です。火の近くには燃え移りやすいものは置かないで下さい、非常に危険なので!

味付けはこの段階では何もせず、ひたすらご飯をつぶしてバラバラになるようにあおります。
そこそこバラバラになったらここで玉ねぎと具材を投入します。塩とコショーを少々、次に戻し水の入ったままのエビを入れます(このエビに入った少しの水がパラパラになるのに多少影響しているような)
最後にショーユ(今回の場合、焼豚を煮た時の醤油を使いましたが市販の醤油でも何の問題もないと思います)をなべはだと全体にいれたあと数回よくなべをあおり、ネギを入れ一回だけあおり、火を止めて木しゃもじにごま油をつけて皿に盛れば完成です!

ポイント
火力はマックスで
たまごを入れたら直ぐにご飯を投入して下さい、ご飯を入れる前にたまごが固まってしまったらパラパラにはなりません。
以上がイオラーのパラパラチャーハンを作る方法です。
どうですか師匠?

調理時間は
フライパンにたまごを入れてから仕上がりまでは3~4分くらいだと思います。

油の量と味付けの醤油の量はこれは慣れだと思います。実際に何回か作っているうちにコツがつかめると思います。

自分の感想ですが、玉ねぎを入れてあおりだす瞬間からだんだんとご飯が離れてパラパラになっていくような気がします、たぶん熱い高温状態のフライパンの中のものと玉ねぎに含まれた水分が合体した時にご飯を離していっているような気がしました。

それと、ご飯がダマになっていてはその部分には味が入っていかないので美味しくないチャーハンになってしまうと思います。

論より証拠!出来上がり写真を見ていただければわかると思います。↓
思いつきチャーハン-1
つづけてアップです↓(調理済み食材)もキチンと写っています!
思いつきチャーハン-2
サラダもこんな感じでー↓
思いつきチャーハン-3
これ味付けは塩をパラパラとふっただけで何にも入れていません。シーチキンの油に何となく味がありそうなので、
では味はどうかな?
うんうん、以外に味が付いている、シーチキンの油だけでもシーチキンを混ぜているのでそこそこ味が付いている。でもちょっと物足りないなー、
ではこれに花かつををかけて山椒も振りかけてみました。↓
思いつきチャーハン-4
おー!バリ旨やないかー!ホント山椒はパンチ力を持っています。

仕上げにデザートはミカンの缶詰でしめよう↓
思いつきチャーハン-5
ここに写っているスプーンはいつもお世話になっている方にいただいたブランド物の高級スプーンです。
ブランド名は“MINTON”と書いてあります。
高級スプーンで食べているのは100円の缶詰、なんともアンバランスなことです

調理済み食材とは?↓でしたー!
思いつきチャーハン-6
これは市販の昆布豆です、冷蔵庫を見た時にふとこの豆に目がいき、これをチャーハンに入れたらどんな味になるのだろう?と興味津々で入れて見ました!するとチャーハンに甘みが出てこれまで食べたことのないようなチャーハンになりました。意見は千差万別だと思いますが、私はバッチリ合うと思います!一度お試し下さい


材料
たまご2個
小エビ
粒々玉ねぎ
シーチキン
ほうれん草のおひたしの残り
キューリ
ネギ
紅ショウガ
↓(調理済み食材)?

調味料
塩(減塩用)、コショー少々
タレ(焼豚を煮た時の醤油)
ごま油

ワンポイント
師匠!↓(調理済み食材)は何かわかるかなー?とっても栄養があり、甘みがあります。
写真見たらわかるわなー、師匠クラスやったら

今日の血圧/夕食後
123-79(最近ずっと低かったので、久しぶりにこの位の数値だと逆になんか落ち着くなー)
スポンサーサイト



テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR