FC2ブログ

まんがで育った世代

今日から8月ですねー!

やはり、暑い

この暑さに負けずブログの方はしっかり書いていきたいと思います!

今日は料理の記事ではなく、テレビネタで先日もこのブログで書きました
毎朝、8時からNHKで放映されている「ゲゲゲの女房」の続編です。

先週放送分で「悪魔くん」実写版がテレビで放映され、ようやく日の目を浴びだした水木しげるの漫画ですが、これまでこのような妖怪をテーマにした漫画(アニメ)が世に出るまでの苦労など考えたこともなかったですが、このドラマを見て初めてとてつもなく長い道のりを辿って世の中に認識されたことを改めて思うと同時に、水木しげるという漫画家がどんなに貧しくても辛くても決して漫画を見捨てなかったことにお礼をいいたいと思います。

イオラーが幼少の頃、ゲゲゲの鬼太郎や妖怪人間ベムやどろろん閻魔君などの妖怪(つまりこの世のものではないもの)漫画(アニメ)が流行していて当たり前のようにテレビを付ければ放送されていましたが、今、放映しているゲゲゲの女房で作品として紹介されている(来週放送分で)「ゲゲゲの鬼太郎」がもし、世の中に認められていなかったら恐らく、後者の漫画(アニメ)などは全く見ることもない別のヒーロー物のような漫画のみを見ることになっていたでしょう。

怖いんだけど何故か惹かれてしまう、それだけにインパクトが強いのか30~40年近く経った今でも、あらすじは勿論のこと主題歌(テーマソング)もメロディー・歌詞もすらすらと出て来ますね。

だから、深夜に再放送をしていると必ず見てしまいますねー、放送する側も我々のような漫画(アニメ)世代の人間が視聴する需要があるから放送するんでしょうねー、正直、当時の漫画(アニメ)を今見るとその作りの甘さやアバウトさに苦笑する部分もありますが、

あの頃イオラーが小学生の頃は、妖怪というかミステリーな今でいうオカルトものが大流行しており、学校では話題はいつもオカルトばなしばかりしていましたねー

最近では都市伝説にもなっている「トイレの花子さん」ですが、イオラーが小学校の頃は、「赤い紙いらんかー、青い紙いらんかー」とトイレに入っていると便器の下から手が出てくるという怪談話がまことしやかに語られていて当時、学校のトイレ(しゃがむ方)には怖くて入れなかったですねー。あと、学校の怪談話では定番の音楽室の額縁のショパンなどの音楽家の目が夜に動く、旧校舎の階段の数を数えると絶対に数字があわない等、学校には会談話が尽きることはなかったですねー。

これが噂話だけではなく実際に自分達で体験しようと流行ったのが「こっくりさん」ですよねー、

つまり、これらの怖いもの見たさの流れは全て妖怪をテーマにした漫画(アニメ)「ゲゲゲの鬼太郎」から始まったのではないかと思うと、なんと凄いターニングポイントだったんだなーと改めて敬服します。そしてその流れは確実に次の世代、その次の世代へと受け継がれているのはいうまでもありません。

ゲゲゲの鬼太郎-初期モノクロ画像-

そんな感謝の気持ちを持って明日からの「ゲゲゲの女房」を楽しんでいきたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR