おでんの東西と今昔

先日中華風おでんを作りましたが、おでんという言葉は関西と関東、更に昔と現在ではとらえかたは全く違うのではないか、何となく素朴な疑問が湧いてきました。

イオラーが幼少の頃は、現在のおでんと呼ばれている出汁に醤油味で具材を煮込んだ形の物は「関東炊き」と呼ばれていました。
別におでんという物は薄い昆布出汁にダイコンやコンニャクやチクワが煮込んであってこのままでは薄い味しかしないのでこれにミソ(味噌と醤油を出汁で割ったブレンド)を付けて食べていました。
これがおでんと呼ばれていたものでした。(私だけー??)

だから今の形の「おでん」は「関東炊き」で関西なのに関東?炊き?、ややこしい.......

何故関西で食べる食べ物が関東炊きと関東がつくのか?ふしぎですー

関東ではどのように呼んでいたのでしょうか?やはり関東炊きでしょうか?

関東在住のおやぢパパさん出張からお帰りになったばかりでお疲れでしょーがー
どうぞおしえてくださいー

ちなみにおでんの東西の違いは
関西=薄い透き通ったおつゆで煮込む、関東=濃いおつゆで煮込む

この2つの境界線が浜松あたりになると前にケンミンショーでやっていました。

で、昔関東炊きといっていた物は上記の関東=濃いおつゆで煮込み方はこれとほぼ同等のものと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

明日の為の猫日記






お久しぶりです。
師匠です。
とうとう子猫3匹と親猫1匹(姫)計4匹に住み込まれてしまいました。
父親は何故かほとんど来なくなりました。
あれから1月ちょいになりますが、窓を1日中開けっ放しの状態にも関わらず全く出て行く様子はありません。
親猫は1日何回か表に行きますが、トイレをしに行くぐらいです。
部屋にも猫用トイレを設けたのですが、子猫しか利用しません。
最近は子猫が運動能力がかなりアップしまして、窓の下に貼ってある布切れ(爪研ぎ防止の為に貼りました。)をよじ登り、窓から表に出てしばらく窓周辺で遊んでは壁をよじ登って部屋に戻ります。
ここまでは普通ですよね!


ここで凄い事が起こりました!
1週間ぐらい前の事です。
出勤時に私が住んでるマンションの真向かいの民家の前で、まだ乳児ぐらいの三毛猫がニャーコラニャーコラ鳴いてました。
「捨て猫かな?そうか!ここの家の人は沢山猫を飼ってる見たいだからここに捨てたのだな…」と思いながら仕事に行きました。
すると仕事を終えて部屋に戻り電気を点けると…あの出勤前に見た三毛猫が部屋の中に居るではないか!
まさか!親猫が!… …そのまさかです!
ヤッパリ三毛猫はまだ乳児でした。
親猫は自分の子でも無いのに3匹の子供と同様に毎日お乳をあげて三毛猫を育てています。
猫が1つの生命を救うとは…見習わなければ…しかしこんな事ってあるのですね!う~ん…親猫(姫)は凄い奴だぞう!




写真は上から3枚は子供です。4枚目が例の三毛ちゃんで最後は集合写真です。

なべシリーズ-第1弾-「中華風おでん」

2010/10/25

なべシリーズタイトルのれん風ワイドサイズ


皆様こんにちは!ほぼ1ヵ月半ぶりに料理ネタのブログです。

異常なほど暑かったことしの夏は「涼麺シリーズ」で楽しんでいただきましたが、ようやく暑さもおさまりこれから本格的な冬へと入っていこうとしています。

冬は何といっても「なべ料理」ですよね!
なべの定番、水炊き・しゃぶしゃぶ・ちゃんこ・魚ちり・かにすき・すき焼き・おでん・キムチ鍋と最近ではカレー鍋やトマト鍋なども人気です。

そんな色々ななべの中から今回ご紹介させていただく師匠レシピのなべは「おでん」です。といっても普通のおでんではなく中華風にアレンジしたおでんです。

中華風ですからだしのベースは鳥がらスープをベースにした具材も日本特有の「ちくわ、コンニャクetc」などは入れずに中華風に揃えて見ました。

師匠から
「今回のおでんは中華風やから日本特有のタネ(具材)はあかんでーと」くぎをさされていたので食材の買い付けからひと苦労でした。

第1に師匠からリクエストがあった食材が豚の胃袋でした。牛の胃袋つまりミノならスーパーでも入手出来ますが豚の胃袋となるとまず置いている店を探さねばと少し離れた商店街をぶらぶら歩いて見るが、もつ系の肉やが皆無なのでとりあえず普通の肉やで上ミノとてっちゃんを買いました。

次のリクエストが肉団子を揚げたもの、これはスーパーで買えそうと思いいつものスーパーへ行くがなべに入れる生の肉団子はあるが揚げたものは売っていない、仕方がないのでいわしのつみれを買ってきてこれを油で揚げたら似たようなものになるだろうと思いとりあえず購入することに。

次のリクエストはこれはどこでも入手出来るダイコンですが、何とダイコンを前日に冷凍しておくようにとの指令でした。よく聞くとヌカや米のとぎ汁でダイコンのえぐみをとる工程を冷凍することによって飛ばせるからということでした。
へー、それは知らんかったと面取りしてカットしたダイコンを冷凍することに。

これらの仕込みを終わっておけばあとは作るだけです。

では師匠のレシピがこちらです


中華風おでんレシピ
スープ作り
2人前(面倒くさい場合は市販の粉末ガラスープの素をお使い下さい。)
200ccのコップ3杯(計600cc)の沸騰したお湯に対して300gの鳥ミンチ(鳥ガラだと時間がかかるし下処理がややこしい)、ぶつ切り生姜少々、ぶつ切り葱少々を入れて弱火で10分煮込んで(途中あくを取る)網救いなどで鳥ミンチ、生姜、葱全てを取り除き、酒、みりん、醤油、塩を味を見ながら適当に入れて一沸かししたら火を止めてごま油少々で完成です。

中華風おでん-合成画像2
写真①使用した野菜(ジャガイモは使わず)、写真②スープ作り(はじまり)、写真③スープ作り(中間)、写真④取りだしたミンチ・ネギ類

中華風おでん-合成画像1
写真①てっちゃんと上ミノ(生)、写真②てっちゃんと上ミノ(ボイル後)、写真③ダイコンを冷凍にした1日後、写真④ダイコンをボイルしている

中華風おでん-合成画像3
写真①チンゲン菜をさっとゆで、写真②いわしつみれ(生)、写真③いわしつみれ(揚げた)、写真④スープ作り(調味料入れ)、

タネ仕込み

今回は中華風と言う事で、中国には無いこんにゃく、ちくわとかは省いてますが、お好みで自由に入れて下さい。

3秒~5秒程ボイルして水にさらしてぶつ切りしたチンゲン菜、殻を剥いたピータン(ゆで卵可)、うずらのゆで卵、三角厚揚げ(湯通しの油抜き不可)、前の日から皮を向いてカットして面取りして(面取りは卸し金でこすれば手っ取り早い)冷凍して水から適当にボイルした大根(ぬかでボイルしなくても甘味が増します。)、市販の揚げた肉
団子(無ければ市販のマルシンのハンバーグ)、生餃子(必ず水餃子用を!焼き餃子用は皮が薄い為破けやすい、)

水から沸騰してから1時間ぐらい煮たホルモンのミノ(豚の胃袋がベストだが、手に入り憎いし下ごしらえがややこしい。ミノでも似たような食感、味になる)。
以上のタネを餃子、チンゲン菜以外をスープで弱火でコトコト1時間ぐらい煮て火を止めて粗熱が取れるまで冷まして下さい。
※カレーや煮炊き物は熱い時から冷めるまでの時間に具材に味が染み込みます。世間一般では「寝かす」と言ってますね。

※あくまでもタネは私だけのこだわりですので自由にお好きな食材で全然OKです!

「さあ今から食べるぞぉ!」の時に食卓にカセットコンロなり用意しましてスープ、タネが入った鍋を沸かして沸騰したら弱火にして餃子、チンゲン菜を入れて3.4分で完成です。
※この2つのタネは1時間も煮れば溶けてしまいます。

お召し上がり時にチューブの練り辛子にチューブの卸しにんにくを

中華風おでん-薬味画像1
少しブレンドしてお好みで付けてお召し上がり下さい。

中華風おでん-薬味画像2


☆仕上がりです!

中華風おでん-仕上がり画像1
↑鍋全体の写真です


中華風おでん-仕上がり画像2
↑皿に盛ったダイコン断面アップの写真です


中華風おでん-仕上がり画像3
↑皿に盛ったタマゴ断面アップの写真です


[感想]

鳥ミンチで取ったスープに煮込んだ今回の具材との相性は抜群です!
特にチンゲンサイの少しししか火を通さない状態のチンゲンサイ本来の味は最高に美味いです、食べてみて初めてわかったことですがチンゲンサイは火を入れすぎると味が半減してしまいます、師匠のいうチンゲンサイを入れるタイミングはこの料理を良くする悪くするかの全てがかかっていると思います。

今、世間では異常気象の影響で全ての野菜が高騰しています、でもチンゲンサイは結構安いですので今が食べごろではないでしょうか、思った以上にそんなに手間はかからないのでこの冬のなべのレパートリーに中華風おでんを是非入れて見て下さい!!

今日の血圧-夜
118-78(ホクホクなべを食べて血圧も良好ですー

ジョイカンパニー楽天市場店ブログ用バナー

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

昔の愛車です Vol.2

4台目は
ホンダアコード1600EX-L -1988年3月~1992年2月-
購入金額 168万円(新古車)
昔の愛車-アコード1
昔の愛車-アコード2
あまり撮る人はいない走行中のインパネ部分です(運転しているのは友人です^_^;)
よく見ると当時はCDは未だでカセットだったんですねー、夏場よく車の中にそのまま放置していてテープが延び切ってダメになった苦い思い出を思い出します

昔の愛車-アコード3
昔の仲間と夏の海水浴で(左側がイオラーです)

このアコードはとにかく装備が素晴らしかった。
ハンドルについているクルーズコントロールはアクセルから足を放しても自動で運転してくれるので非常に楽ちんでしたー!この運転状態だとほとんどブレーキも踏まないので燃費もすごく良かった(10~12くらい)のを覚えています。
そして何といってもこの車の最大の特徴はヘッドライトが開くようになっていることです。まるでカエルのようにピコッと出て来ます。(これを見る度に笑いが起きる、わざと信号待ちの時に昼間でもライトを開けて注目を浴びていましたー)

それに1600なのに居住空間がすごく広かった、うしろに大人2人乗ってものびのびしてましたからー

その後に当時住んでいたマンションのガレージ代が1万円も上がったのでやむなく車を手放すことにしましたー

そして車のない生活がはじまり寂しくて仕方がないので、近所のガレージを探しまくって何箇所かピックアップして、1年後に車を買おうとせっせと貯金をはじめることに
それからは次の車はなににしようかー?そればっかり考えてある日にレンタカーでトヨタエクシブを借りてその乗り心地に魅了されて「よし、次はエクシブやー」と目標を決めていました。

友人で車屋に勤めている友人がいたので「エクシブを探しといてー」と手配を頼んでいたら友人から「エクシブではなくて同じようなEDがあるでー」と連絡を貰い、早速見に行くと
「カッコイイ!車高が低くてエクシブと同じ4ドアハードトップで」一目ぼれでした
即注文しました!

ということで
5代目は歴代の車の中で最高に良かった
平成元年式トヨタカリーナED2000X -1993年3月~2003年2月-
購入金額 135万円(新古車)
昔の愛車-カリーナED1
昔の愛車-カリーナED2
EDの中でこのアングルからが一番好きでした!
昔の愛車-カリーナED4

昔の愛車-カリーナED5
当時つきあっていた彼女と、自宅前で(嘘です^_^;)
昔の愛車-カリーナED6
ここは神戸の超高級億ションです、この前で撮影しただけです^_^;

このEDは本当にいいクルマでしたー!何といってもスタイルがカッコイイし、4ドアでもセダンではなくハードトップなのでセンターピラーがないので開放感タップリでしたー。

燃費も市内で8キロくらいはいっていたので充分でした、15キロ以上になると自動的にドアロックがかかる車速感応式だったので後の人に「ロックしといてやー」といわなくてもよかったので安心でしたー(アコードは集中ドアロックだったような)

唯一の不満といえば後部座席が狭い大人2人乗るとキチキチで身動きが出来ませんでしたー

こんな素晴らしいEDも10年も乗るとアチコチが痛み出し、何より当時よく釣りにいっていたので釣り道具なんかも余裕で入る友人が乗っているステーションワゴンにあこがれるようになり(EDは荷物はあまり積めないので)

ステーションワゴンがほしいなーと思っている時に先程の車屋の友人から「アウトドアにピッタリなステーションワゴンがあるでー」と連絡を貰い、車を見た途端にちょうどEDも車検だったので即注文することにしました!

で、EDはどうなるのかと友人に聞いたら廃車となってスクラップになるそうです。
後日、友人に聞くとスクラップ工場でプレスに押しつぶされてペチャンコになってしまったそうです。

あとで友人にいわれました「あの光景はいつ見ても悲しいなー、なんか車が泣いているような気がするわ」と
もし、その場に自分がいたら号泣していたでしょう

何台も車を乗り換えてきましたがスクラップになったのはこのEDだけなので

「ありがとうカリーナED、俺は絶対に忘れないよ!数々の思い出を残してくれた名車のことを」

6台目は
平成8年式トヨタスプリンターカリブ1800ZX -2003年2月~現在-
購入金額 70万円(中古車)
昔の愛車-カリブ1
昔の愛車-カリブ2

やっぱりステーションワゴンは荷物がたくさん積めます、釣りざおも伸ばした状態でも積めるので移動にも凄く便利です!
嬉しいのはサンルーフがついているのでエアコンがいらなくなった今くらいの時期は全ての窓を開けてサンルーフも全開で走ると最高です!!

この車も新車時からはもう14年がたとうとしているので来年2月の車検までのお付き合いです。
既にあちこちが悲鳴をあげだしていますがエンジンは一発でかかるのであとしばらくは大丈夫みたいです!

以上でイオラーの「昔の愛車です」シリーズは終了です。

さぁ、もうボチボチと本編の料理ネタを書かないと師匠が頭から湯気を出して怒ってきよるので

次回は「中華風おでん」でお会いしましょう!!

ジョイカンパニー楽天市場店ブログ用バナー

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

昔の愛車です Vol.1

昔の愛車には色々な思い出があります。
免許を取り立てでまともに運転が出来なかったころから数えて約28年間の中でこれまで乗ってきたイオラーの昔の愛車をご紹介したいと思います。(料理ネタではないので興味のない方はスルーして下さい。←おやぢぱぱさん記事より引用させていただきました

記念すべき1台目
トヨタコロナセダン1600EXサルーン -1981年12月~1982年5月-
購入金額 160万円(新車)
昔の愛車-コロナ
この車の写真だけが見つからないので当時のカタログより掲載しました。

記念すべき人生初のこの車を買った当時の年齢は19歳でした。しかも新車での購入でした。この年に仕事中の事故で効き腕の左手を失うという大惨事があったので思い切って免許取り立てにもかかわらず新車を購入しました。

まわりの人たちから片腕で免許をとることなど絶対に無理だといわれ反抗するように無我夢中に毎日朝・夜と教習所に通って3ヵ月で免許を取った自分へのご褒美でもある意味で新車を購入しました。

買った時は車というだけでテンションはあがりまくっていたのでスタイルや年相応など全く考えていなかったので毎日通勤に喜んで乗っていましたが乗るにつれて段々と周りの友達が乗っている車とは明らかに空気が違うことに気づき、それからは段々と「もっと若者向けの車に乗りたい」と思うようになり、ではまずドレスアップをしようと

当時の3種の神器
タイヤ・ホイール・コンポと
全て装着して変身しましたが、元の車がオジサンの車なのでとうとう購入からわずか半年で買い替えることにしました。

以下にご紹介する写真は当時のプリント写真をデジカメで撮影した画像なので多少の歪みがあるかもしれませんので念の為に!!
2台目は誰もが憧れた...
ニッサンスカイラインジャパン2000GTX -1982年5月~1985年9月-
購入金額 135万円(中古車)
昔の愛車-スカイラインジャパン
当時の若者(古い)には絶大な人気を誇った愛称「ジャパン」ドライブ先での撮影です
昔の愛車-スカイラインジャパン2
昔の愛車-スカイラインジャパン3
顔は恥ずかしいので塗っちゃいましたー!なんかゾンビみたい(笑)
昔の愛車-スカイラインジャパン4
当時つきあっていた彼女と、顔はトラでご勘弁を^_^;

この車に替えてからは道を走る度に注目されていました前のコロナセダンでは誰も振りむいてくれませんでしたが、このジャパンは注目度は凄かった、室内は土足厳禁のスリッパばきで天井はシャンデリア、シート類は全てチンチラで窓にはスモークフィルム、ボディーには流線ライン、
そして勿論3種の神器は
タイヤ=ルマン205、ホイールはメッシュ(メーカーは忘れました^_^;)、コンポはパイオニアのフルコンポと
貰った給料の8割は車にかけてましたねー

走りの方もATながら高速(中国自動車道)で180キロは出ましたー前者のコロナでは120キロでアクセルは全開状態でいくら踏み込んでも140キロが限界でしたが、このジャパンは120キロからアクセルを踏み込めて思いっきり踏み込むとシートに背中がピッタリとくっつき恐ろしいくらい加速していったのを覚えています。

パッと見のおかげでよく本家本元の方たちに追いかけられましたー


これほど完璧な車でも不満な点は燃費で当時5~6キロだったのでガソリン代が高くついて仕方がなかったのでもっと燃費のいい小さい車に買い替えようと購入したのが

3台目チョイ乗りに最適な
ニッサンラングレー1500X -1985年9月~1988年3月-
購入金額 85万円(中古車)
昔の愛車-ラングレー1
昔の愛車-ラングレー2

この車は確かに燃費はまし(市内で8、高速で12くらい)だけど走りはほんとトロかった、馬力がないので坂道に弱く六甲山にドライブに行った時にあまりに遅すぎて後に大渋滞を作ってしまった恥ずかしい思い出を今でもはっきりと覚えていますわ


続きは「昔の愛車です Vol.2」へと続きます!

今日の血圧-朝

118-74(懐かしい車を思い出しテンションは上がっていますが血圧は朝から安定しております!)

ジョイカンパニー楽天市場店ブログ用バナー

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

オヤジのお宝「ガラクタの山」Vol.2

初めに、ずっと更新もしていないのに多数の方が当ブログに見にきてくれて有難うございます。
様々なキーワードから辿って来られて過去の記事も読んで下さって有難うございます。師匠と共に改めて御礼申し上げます。

それでは本編記事です。
前回のインスタントカメラに続き第2弾のオヤジのお宝です。

そのお宝はこちらです。↓
骨董品のラジオ-1
これはラジオです、
骨董品のラジオ-2
写真の穴が空いているところが
チューニング・ボリューム・スイッチ等のつまみが入ります。

こんなの見た事もない人が多数と思いますが、勿論壊れて使えませんがもし使えたら、ちゃんと放送を受信したら凄い価値だと思いますよ、鑑定の番組に出品したらウン百万になるかも^_^;もし、それほどの価値なら今頃家族で骨肉の争いとなって争奪戦が始まっていると思います。

昔聞いた話では戦争中に日本が戦争に負けた事を流す天皇陛下のメッセージを放送していたラジオと聞いております。終戦から数えると今年で65年になります。
このラジオよく見ると中にコードや導線や部品がいっぱい入っています。つまりガラクタの入れ物となっているみたいです。

よくこんなに古い物をいつまでももっていたもんだなーとつくづく感心させられます。昔の人は本当に物を捨てないですからねー、さぁ次は何が出てくるかー、乞うご期待を!!

予告
ブログ同士?でもあるおやぢパパさんのブログを見させていただいて火がついてしまいました!
過去の愛車をブログで紹介されているのですが、掲載されている写真の懐かしい事、クルマ好きのイオラーも燃えました!近日中にこれまでの愛車をご紹介したいと思いますー!

おやぢパパさんパクリでごめんなさい、火が着いちゃいましたーもう止められん(笑)

ちょっとさわりだけの昔の愛車写真です。↓
昭和55年式日産スカイラインジャパン2000GTX
昔の愛車-スカイラインジャパン

ジョイカンパニー楽天市場店ブログ用バナー

テーマ : 見つけたモノ
ジャンル : ライフ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR