FC2ブログ

番外編 鍋の〆に焼きそばPART5最終章





さあ!仕上げです!
強火でかき混ぜて、水分が無くなり焦げついて来たら火を止めてごま油を一滴で出来上がりです。
※塩味でも旨いですよ!

画像は3つ目が親猫の姫。

4つ目が姫が拾って来たデコです。

普段私は麺だけで野菜はめったに入れませんが、今回は撮影の為に見栄えを良くする為に野菜を加えました。
麺だけで醤油を少し多めに入れて卵をとじるのも良し!溶き卵に漬けながら頂くのも良し!
麺をうどんにしてもバッチグーです!
※麺のみの場合は蓋をして蒸らす工程は入りません。

味付け鍋(キムチ鍋 寄せ鍋 チャンコ等)でする場合は調味料(今回は醤油)無しでそのままの出汁で作ればOKです。
アンコウ鍋で実験済みです。

個人的に麺のみで溶き卵に漬けながら頂くのが一番好きです。


味付け(調味料)ですが、ソースは合わないと思います。
失敗談ですが、3分茹で用のスパゲティでナポリタンを作って頂きましたが、ケチャップの味が勝ち過ぎてせっかくの旨味たっぷりの出汁がボケてしまいました。ソースもこれと同じ可能性があると思います。


鍋の頂き方も自由ですが、最後の〆も自由です。
是非みな様も色々実験しまして新しい頂き方を発見して下さい!
発見しましたら教えて下さいね!


PS
一番最初(PART1)の皿に具材を乗っけてる画像は見た目は普通ですが、中国人ならではの鍋をより美味しくする為のある工夫がしてあります。
中華料理店の2割ぐらいは鍋料理にこの技を使ってるはずです。

次回鍋シリーズでイオラーから紹介してもらいます。
スポンサーサイト



番外編 鍋の〆に焼きそばPART4





いよいよ味付けです。

醤油をたらして強火でかき混ぜたら、蓋をして少し蒸らします。(10秒程)火は中の弱ぐらいです。


蓋を開け、再び水分を蒸発させる感じにかき混ぜて胡椒を少々。(火は強火)


画像は醤油で味付け。

蓋をしたところ。

胡椒をかけてます。
「この説明は無駄かなあ…画像を見りゃ、一目瞭然でしょうね!」


子猫のマロです。

PART5へつづく…

番外編 鍋の〆に焼きそばPART3





いよいよ焼きそば麺(ボイル麺)を投入です。
まずは野菜(白菜のみ)を用意しまして、麺から鍋に入れて上から野菜を入れます。

画像は用意した野菜。

麺の投入。

上から野菜。

子猫のロイ。(アップ出来ないので小さい画像です。)

PART4へつづく…

番外編 鍋の〆に焼きそばPART2




ごちそうさまでしたあ!

…ん?
ここで終わってはいけません。ここからが本番です。

約1時間後、無事に完食しました。

出汁は半分ぐらいに減ってますが、更に半分ぐらいはよけて下さい。

画像は上から、残った出汁。

更に出汁をよけて少なくしたところ。

次回の為にペットボトルに詰めた出汁(茶こしで漉してます。)

画像が重いのか?アップ出来ないので4枚目はありません。

PART3へつづく

番外編 鍋の〆に焼きそばPART1





師匠です!
今回は鍋がわき役で主役は最後の〆になります。

雑炊 うどん ラーメン チャンポンなどが定番ですが、私が今年初めて試して見て非常に美味しかったので「焼きそば」を紹介させて頂きます。

まずは今回の鍋は豚バラ肉と鶏もも肉の水炊きです。(こればっかりやってます。)鍋に入れる出汁は先月頭ぐらいからの継ぎ足しです。
〆に焼きそばばかりしますと出汁が少しでいいので余ります。
余った出汁をぺットボトルに入れて冷凍してます。
画像は上から、皿に盛った具材(豚バラ肉、鶏もも肉、白菜、白葱、エノキ、干し椎茸)

継ぎ足しの出汁と水を足した鍋(香り付けに白葱の青い部分を入れてます。)

テーブルにセットしたところ

子猫のツー(関係無いですね!)


以上携帯アップで画像が最高4枚までの為PART2へつづく…

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR