FC2ブログ

スープで味付けダマ解消チャーハン(ユーチューブ動画)

先日ガスコンロを買い替えたこともあって1年振りにチャーハンを作っている動画を撮影して
ユーチューブにアップロードしました!

アップロード後、埋め込みコードを探すのに一苦労しました
前までは動画の下にボタンがあって簡単にそこからコピー出来たのに、最近は新しくなったのか
別のところに移動してるし、コードを見ると凄くショートカットされているしホントちょっとの間で
かなりバージョンアップしているみたいですね!

では、本題に入って今回のチャーハンは殆ど必ず出来てしまうご飯のダマ(固まり)をうまくほぐして
ご飯がパラパラになるように作ってみました。

動画撮影は久しぶりだった為か異様に緊張してしまいあとで再生したら凡ミスの連続で^_^;
準備や下ごしらえには充分時間をかけたつもりだったのに、いざ本番が始まると焦ってしまい
ちょっとパニクッテしまいましたー!

ダマをほぐす作り方は市販の丸鶏ガラスープをお湯に溶かし、これを味付けの調味料代わりにして
炒めている途中に投入しました。
と、同時に玉子スープも同時進行で作ってみましたー(^_^)

それでは約5分ほどの動画ですがご覧下さい
チャーハンを作っている所要時間は約3分30秒位です↓




本来ならフライパンのご紹介もしたかったのですが、緊張で完全に飛んでいましたー^_^;
このフライパンは師匠がチャーハン専用にとくれたものです。確か250円やったかなー

それに仕上がりの写真を撮るのもうっかり忘れてしまったので、気づいたら食べ終わったあとでした。
スープも飲んでしまってたし......
何とか2人前作っていたので残りの分だけでも入れておきます。

チャーハン動画完成-1
↑こんな感じです。

チャーハン動画完成-2
↑薄味ですけど味はしっかりと付いています!


ジョイカンパニー楽天市場店ブログ用バナー

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

サッカー日本代表への警鐘

今回は料理記事ではなく、サッカー日本代表に苦言を呈したいので記事を書きます。

また、こんな記事を書いたら「師匠」から
「そんな評論家気取りでおらんとちゃんと料理の記事を書きなさい」と
クレームを入れられそうですが^_^;書きますねー!!

先日のキリンカップ、チェコ戦終了後でのことですが
結果は皆さんご存じの通り、スコアレスドロー(0対0)でペルーも加えて3カ国優勝という結果ですが

この勝者がないのに(ペルーを加えて3カ国とも全試合0対0なので)3カ国優勝というのも違和感たっぷりですが

一番に驚いたのは現在の日本のFIFAランキング14位というのに驚きました

今大会の参加国“日本”“チェコ”“ペルー”のランキングは
“日本”・・・14位
“チェコ”・・・32位
“ペルー”・・・54位

と現在のランキングはなっていますが

これだけ見たら完全に日本が上位でチェコ・ペルーは格下となりますが

とんでもない、実力でいくとチェコの方が遥に上です。ペルーとは互角くらいですがでもシュートの精度は圧倒的にペルーの方が上だと思います。


2006ドイツワールドカップ
↑これは2006年ドイツワールドカップを録画したビデオテープです。


チェコは今でこそ少し衰えていますが、
2004年の欧州選手権ではベスト4までなっています。
鉄壁な堅い守りは健在でゴールキーパーのチェフという選手は
世界最高リーグのプレミアリーグ優勝候補チームの【チェルシー】というチームの正ゴールキーパーで世界ナンバーワンクラスのゴールキーパーです。

その他の今回来日選手たちは1軍半から2軍メンバーなのでレベルは落ちますが、そのレベルの落ちた相手でも
日本は1点も取れない。こちらは最強メンバーで揃えているのに、点が取れない。

アナウンサーや解説者も「この格下チームに負ける訳にはいきませんねー!」などと息巻いている始末です。

私はこのFIFAランキングのいいかげんさにはホント頭にきています。

正直、日本のランクはせいぜい50位がいいとこでしょう、30位でも「ハー??」なのに
実際には14位......(ありえへんやろーシュートヘタクソでうてん国がー)

サッカーに詳しくない人にはわかりにくいですが、この日本の下にランクされている国をざっとあげると

フランス・コートジボワール・メキシコ・スウェーデンとあります。

フランスは1998年の母国ワールドカップで優勝して当時のランキングは1位、コートジボワールはアフリカの強豪国で、メキシコは前回2010南アフリカワールドカップ予選で南アフリカ・フランスを退けてベスト16入り、スウェーデンはワールドカップの常連国で北欧の強豪国です。

いずれもサッカーでは強豪国で日本が10回試合をやっても1回勝てるかぐらいの差があります。

なのに、評価は日本より下とは

確かに前回のワールドカップで日本は飛躍的に向上したと思うし、今年のアジア大会も優勝してアジアでは
ナンバーワンかもしれませんが

欧州や南米やアフリカ相手だとまだまだひよっこです。

本来なら来月開幕の南米選手権に日本もゲスト出場する予定だったのに今回の震災の影響でJリーグの試合がずれてくるので出場を拒否することになりましたが

ホントにおしい話です。これほどチームを強化する為の経験を積める機会はまずないのに
結局、日本代表は2014ブラジルワールドカップ予選まで国際試合は8月の韓国戦のみとなりました。

現在、イタリアの長友やロシアの本田をはじめ、相当の選手が外国でプレーしてもまれています。

当然、個々のレベルはドンドンと上がっていますが、肝心の日本代表に入った時にはコンビネーションでの連携にまだまだ不安な点が数々見受けられるし、相変わらず得点不足、決定機に決めれないなどはそのままです。

何より、シュートに持っていけない、打っても外す、ずっと繰り返しのような気がします。

ブラジルワールドカップ予選まで時間はあまりないのだから、馬鹿げたFIFAランキングに浮かれずに現実の実力を認識しながらどうやって1点を取るかを真剣に考えていかないと

2016年ブラジルワールドカップに日本の名前がないというような非常事態だけは避けて欲しいと切に願います。

サッカーが好きだから日本代表が好きだからあえて今の現状に警鐘を鳴らしたいと思います。

ジョイカンパニー楽天市場店ブログ用バナー

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

安い食材で作るPART3-魚料理(ホイル焼き)

先日(6/1)記事「安い食材で作るPART2-魚料理(味噌煮)」の続編で

今回は“ツバス”の残り1切れを使ってホイル焼きを作りました!

昔、(小学生時代)実家にいる時はアジでホイル焼きを母親がよく作っていましたが、自分では作った
ことがなかったけど見よう見まねで作ってみました。

実家にはオーブンがあったからこの料理も簡単に作れていたみたいですが、ここにはオーブントースターしかないのではたしてこの火力でうまく焼けるのかな?

半神半疑で作ってみました。

では今回の“ツバス”のホイル焼きのレシピです。
まず簡単に工程を箇条書きで書くと

1. サカナ(ツバス)に塩・コショーをする。
2. 炒める材料(ホーレン草・玉ねぎスライス・エリンギ)を切っておく。
3. 材料を炒める(にんにくしょう油で薄く味付け)
4. アルミホイルに炒めた具材を乗せてその上にサカナを乗せさらにその上に具材を乗せる。
5. 包んでオーブントースターで焼く(20分位)
6. 完成間近にバターを置いてしばらく焼いて完成です。

では写真と一緒に

ツバスのホイル焼き-10
↑まず今回使った具材もある冷蔵庫の野菜室から(1週間分はゆうにあります、これを腐らさないうちに消費するのが大変です^_^;)

ツバスのホイル焼き-1
↑炒める具材の仕込みから

ツバスのホイル焼き-2
↑サカナ(ツバス)に塩・コショーを

ツバスのホイル焼き-3
↑フライパンで炒めます

ツバスのホイル焼き-4
↑にんにくしょう油で薄く味付けを

ツバスのホイル焼き-5
↑アルミホイルに包みます

ツバスのホイル焼き-6
↑オーブントースターで20分ほど焼きます

ツバスのホイル焼き-7
↑出来ましたー(^_^)

ツバスのホイル焼き-8
↑玉子スープを添えて
※このレシピは最後にあります!

ツバスのホイル焼き-9
↑アップにするとこんな感じです


感想
はじめて作ったにしては上出来だと思います(自我自賛
ホイル焼きの工程はテレビなどで見て知っていましたが、はたしてオーブントースターの火力で大丈夫なのか?

やはり予想通り、火力が弱いとうよりこのオーブントースターは自動サーモスタット機能がついているので
調理中に火がついたり消えたりするので途中で何回も焼き加減の調整をしなくてはいけませんでした。

こればかりはオーブンではないので仕方がないか^_^;

でも味の方はバッチリですねー!
特にエリンギとサカナがよくあいます。ほんのりと聞いたバター風味の醤油味もすごくいけます!

以上、4切れで200円という安い食材(ツバス)で3種類の料理を作れました。
工夫をすれば安い食材でも立派なメインディッシュになるということを改めて実感しましたー(^_^)

最後に
玉子スープのレシピですが

作り方は超簡単で
市販の丸鶏ガラスープ適量を沸騰したお湯の中で溶かし、溶き卵を回し入れ
カップの中に刻んだキューリとごま油少々をあらかじめ入れておき、上からスープを入れて完成です!

このスープの決め手はキューリです。それもスープの中に入れるのではなく生のままでカップに入れておくほうが風味が断然増して美味しいです。
一度お試し下さい


テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

安い食材で作るPART2-魚料理(味噌煮)

先日(5/28)記事「安い食材で作る和風定食(魚の塩焼き)」の続編で

今回は“ツバス”の残り2切れを使って味噌煮を作りました!

魚は痛みが早いので出来るだけ早く食べないと鮮度が落ち美味しくなくなりますが、私は買ってきて直ぐにタッパンに移し酒を少々多い目に張って塩を少々振り保存しておきます。
こうすると通常1日~2日くらいしか持たない魚でも3~4日は持ちます。勿論火を通すことが前提ですが。

こうして保存しておいたので実際にこの料理を作ったのは5/30(月)ですから買ってきて3日目ですが
何の問題もなく食材として使用出来ました。

余談ですが6月は最も食中毒の起きやすい時期なので生ものや日にちの経った食材には充分気をつけましょう!

では今回の“ツバス”の味噌煮のレシピです。
まず簡単に工程を箇条書きで書くと


1. サカナ(ツバス)に熱湯をかけて臭みを取る
2. ダシを作っておく
3. ダシの中に(ツバス)を入れ煮込む
4. 最後に味噌を溶き入れて完成です。

では写真と一緒に

ツバスの味噌煮-1
↑熱湯をかけて臭みを取る

ツバスの味噌煮-2
↑ダシを作ります(ダシ昆布で水は適量やや少ない目で)

ツバスの味噌煮-3
↑味付けを(醤油+砂糖+ミリン+酒それぞれ適量で)

ツバスの味噌煮-4
↑ツバスを生姜のスライスと共に投入します

ツバスの味噌煮-5
↑アルミホイルで落としぶたをします

ツバスの味噌煮-6
↑味噌をダシで溶いておきます

ツバスの味噌煮-7
↑味噌を投入して全体に煮汁をかけながら

ツバスの味噌煮-8
↑煮汁が少なくなってきたら完成です

ツバスの味噌煮-9
↑皿に盛って出来上がりです!

ツバスの味噌煮-10
↑アップで味噌が効いておいしいー(^_^)



この料理は“サバ”で作るのが定番ですが今回の“ツバス”でもほぼ同じような味を再現出来ました。
作り方はほぼ我流ですがコツを上げるとしたら
サカナに熱湯をかけて臭みをとることと煮汁を強火で煮込みながら少なくしていくこと味噌をこがさないように味噌の投入は最後にすることなどでしょう。

“ツバス”ですが実はあと1切れ残っているんですよー!
この残り1切れで次は創作料理に挑戦してみたいと思います。乞うご期待を!!

今日の血圧-朝
107-77(おー!絶好調やー

ジョイカンパニー楽天市場店ブログ用バナー

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR