スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムスター“らく”の近況報告です♪

2014年6月22日(日)

前回のハムスターの“らく”の記事から4ヶ月が経ちました。

4ヶ月前は真冬の2月なのでとても寒い時期なので“らく”はほぼ一日中寝ているのでほとんどその姿を見る事は出来ない日々でしたが

暖かくなって夏を前にしたこの時期になると朝から出て来て姿を見せてくれるし、日中もチョコチョコ出て来てエサをねだるようになってきたのでようやく“らく”とのスキンシップが出来るようになりましたー!(^^)!

では改めて“らく”との生活をご紹介します!!

20140622_raku1.jpg
↑“らく”のケージです、平凡な毎日に変化をつける為に自作で木の踊り場と階段を付けています。

20140622_raku2.jpg
↑“らく”のご飯です、主食はペレットで大好物のひまわりの種もあげています。
おやつにクッキーやチーズやフルーツミックスをあげています。
それと毎朝、レタス・キャベツ・カボチャを少量あげています。
中でも“らく”はレタスが大好物ですがレタスは水分が多いので与えすぎは禁物です。

20140622_raku3.jpg
↑エサ入れに盛り付け?たとこです、色どりが綺麗ですねー(^^ゞ
これは1回分でも1日分でもありません、とりあえず一杯にしておくと少しだけ食べた後は欲しいだけをほおに詰め込んで
小屋(お家)の中へ持って溜めておきます。
とにかくハムスターは習性で常に食料を確保しておきたいようで小屋(お家)の中へ一杯溜めておきます。
食べることよりエサを運ぶことの方が大好きなようです(^^ゞ

20140622_rakuesatame.jpg
↑小屋を開けたとこです、このようにエサを一杯溜めています、眼が覚めた時に直ぐ食べれるように準備しているようです。
“らく”は無理やり起こされてねむそうです(^^ゞ

20140622_raku4.jpg
↑エサの写真を撮っていたら出てきました!



とにかくハムスターはずっと動き回って静止画の写真を撮るのが非常に難しいので
ここからは動画で撮影した画像を切り抜いた写真でご紹介します。


20140622_rakudo1.jpg
↑“らく”の小屋と階段です。

20140622_rakudo2.jpg
↑騒がしいので出て来ましたがまだ寝ぼけています(笑)

20140622_rakudo3.jpg
↑このように抱かれることをとても嫌います(^^ゞ
まだ寝ぼけて起きていないのは目が完全にあいていないのと耳が寝ているので判ります。
完全に起きた時は目はパッチリあいて耳は立っています。

20140622_rakudo4.jpg
↑これ以上つかまえていると噛まれることもあります。

20140622_rakudo5.jpg
↑ケージが開いているので脱走をもくろんでいます!

20140622_rakudo6.jpg
↑危ないのでケージを閉めたら木の踊り場に乗り上の開閉部分から出ようとしています。

20140622_rakudo7.jpg
↑大好物のひまわりの種をあげてごまかします(^^ゞ

20140622_rakudo8.jpg
↑わーい♪ひまわりの種やー♪

20140622_rakudo9.jpg
↑!!だしてー(^^ゞ

20140622_rakudo10.jpg
↑ふーつかれたー(;一_一)

20140622_rakunoboru.jpg
↑ではまたねー


もうすぐ本格的な夏を迎えようとしています。

“らく”にとって初めての夏なので何とか無事に夏の暑さを乗り切って欲しいと思う今日この頃です!


スポンサーサイト

テーマ : ハムスター
ジャンル : ペット

総括6/13(金)の夜釣り

2014年6月14日(土)

昨日の夜釣りのまとめです。

私が過去の経験から夜釣り(夜に限定します)にとって何が最も重要かと聞かれますと

当日行く予定のポイントの下見(これは明るいうちに海の状況確認の為)・潮の状況・仕掛けの入念な準備・エサの決定・止める勇気・忍耐(^^ゞ

と答えます!

昨日行った場所も3年ほど前にはよく通っていた唯一ボウズのなかったポイントなので
今回約2年のブランクが空いていたのでボウズ逃れの為、おやぢパパさんに代わりに「リベンジしてきますー」
とえらそうにいっておきながらボウズだとカッコ悪いので(笑)

実績のあるここに決めました!

☆さて当日のプランは
1.遅くとも夕方6時までに釣り場に到着してポイントの下見を終え、仕掛けも全て準備して日没までの1時間をチョイ投げでキスを狙う
2.下見したポイントで満潮の7時20分ごろから根魚(ガシラメバル)狙いで電気ウキでウキ釣りをはじめる
3.釣れたらブログにアップ
4.干潮が翌AM1時なので12時前後に納竿する。

と、このようなプランで臨みました。


misakiura_1.jpg
釣り場までの海岸線です、この辺りの海は大阪湾とは思えないくらい澄んで綺麗です。
それに画像からもわかるように相当潮が動いています、まさにジアイが来ています!
本日の目指すポイントはずーと上の方に見えている小さい堤防です。

misakiura_2.jpg
↑わーホント綺麗な海です、こうして海を見ているととても癒されます―♪
そういえば来週からあの仕事がはじまり新商品のサンプル上がりに、商品撮影にコピーを考えて.......
オーっと物思いにふけってる場合ではないやー釣り!釣り(笑)

釣り場に到着はPM5時45分だったのでほぼ予定通りです。

堤防の先端で釣っていた先客の地元の方に情報収集を、ちなみにこの方はアオリイカ狙いでまだ釣れていないとの事。

先客に一言ことわって横に入れてもらいチョイ投げを開始!!

sikake_tyoinage_1.jpg
↑えーではチョイ投げの仕掛けから、こんな感じで短いロッド(2m)に天秤をつけてエサはイシゴカイです。

esa_ao_isi.jpg
↑虫エサのイシゴカイ(左)300円分とアオイソメ(右)500円分です、チョイ投げにはイシゴカイを使います。

sikake_tyoinage_2.jpg
↑チョイ投げのセット完了です!

sikake_tyoinagepoint_3.jpg
↑投点は約30メートルほどです、しかしここは砂地とゴロタ石が混じっていてしかも海中に藻が群生しているので
投げる度に引っ掛かります(^^ゞこれはここはチョイ投げには向いてないやー!

ikaturi_ojisan.jpg
↑先客のイカ釣りのおじさん、後ろ姿に哀愁を感じます!

sirasaebi_sao.jpg
↑チョイ投げに見切りをつけ、ここからは本命の根魚狙いです。
エサのシラサエビです、5~6匹をまいておきます。この程度の巻き餌では殆ど効果はありません。
単なる気休めですが(^^ゞ、スタートはシラサエビから始めます。
まだ明るいうちはシラサエビの方が食いがいいので

kaityuyousu.jpg
↑海中はこんな感じです、手前に藻が群生しています、これに引っ掛かったら仕掛けはアウトです!
このような障害物の発見の為にも下見は重要です。また魚が掛かった時でも取り込む時に魚はこのようなモノ中に
逃げ込むのでいずれにしても釣りには邪魔なものです。

tureta_gasira_1.jpg
↑釣り始めて15分ほどでエビでガシラが食ってきました!ボウズは免れたーやれやれ(^^ゞ

tureta_gasira_2.jpg
↑しっかりと上あごに掛かっています!これは合わせかたが正しかったことを証明しています。

yoduridenkiuki.jpg
↑電気ウキを流しているところです、見にくいですが真ん中の赤く光っているのが電気ウキです。
魚が掛かるとこのウキが海中にキューンと消しこんで行きます。
この瞬間がこの釣りの最大のダイゴ味です!
しかも魚はエサを食べても直ぐに吐き出したりします、これはエサに違和感を感じているので警戒している動作です。
この時から人間と魚との知恵比べです、人間はこのエサは大丈夫だよーと魚に思わせるように
ちょっと引っ張ってみたり、エサを浮かしたりして魚の好奇心をあおるあれやこれやのアクションを起こします。
一方魚は疑心暗偽に何回も食べては吐き出してを繰り返します。この時は電気ウキが何回も沈んでは浮いてを繰り返します。
このやりとりを繰り返して※本アタリを待ちます。

tureta_mebaru_2.jpg
↑結果、人間が勝って釣れてきます。これはメバル20cm強です。
この時はかなり引きました、取り込む時から結構な大きさがわかるアクションでした!
これもしっかりと上あごに掛かっています!

tureta_mebaru_1.jpg
↑おーびく(魚籠)に入りきならないくらいデカイぞー!

mangetu.jpg
↑大潮なので満月です、綺麗けど夜釣りには満月は不要です、闇夜が最高!

turiboots.jpg
↑本日の釣り場は足場のいい堤防ですが、夜釣りの時はこのようなレインブーツ(長靴)が必需品です。

sikakeharidaisi.jpg
↑仕掛けのハリはあらかじめ種類別に分けておくと狙いの魚に合わせて素早くチェンジ出来ます

tureta_mebaru_ririsu1.jpg
↑あたりは頻繁にありますが上がってきてもこのサイズばかりになりました、これはリリースです。

motikaerityoka.jpg
↑本日のお持ち帰りサイズ(調理出来る)はこの4匹です。

tyorimaesikomi.jpg
↑仕込み前に日本酒につけて冷蔵庫に保存します。煮付けと唐揚げにしていただきます!



最後に電気ウキを使って夜釣りでの仕掛けですが

通常は下の画像のような仕掛けで釣りますが

teibousikake2.jpg
↑これは水深のある場所での仕掛けですが


今回のポイントのような水深が浅い場所(1ヒロ-約1.5M)では上記のような仕掛けでやると
もつれる原因となる遊動ウキや小物がついて面倒なので

ワタシは下記画像のようにこのような場所では超シンプルにして無駄な物を省いて釣ります。

toujitusikake.jpg
↑リールをのけたらその辺の池でフナを釣る時とほぼ変わらない単純な仕掛けです。

とにかく夜釣りは予期せぬ出来事のオンパレード(特に仕掛けのからみ)なので
出来るだけシンプルにした方がトラブルが減少して少しでも釣りに集中出来る時間が多く持てると思います。

それと夜の海は夏でも意外に冷えるので冬服のジャンパーを1枚用意しておいた方がいいと思います。
あとレインコートと虫よけは必需品です、厚い夏でも夜は長袖で肌を出来るだけ露出しないことが
蚊などの虫よけと万が一転倒した時の防御にもなります。

最後に冒頭に書いた夜釣りに重要なことで
“止める勇気”とありますが、これは自然を相手にしているのでいつその姿が豹変するかわからないので
海が大荒れの時や風が強風の時はきっぱり止めること、これが止める勇気です。

誰もが楽しみにしていたレジャーを取りやめることは本当につらい決断です、でも命を落としてまで
決行することは無謀としかいえませんので

楽しくてこそのレジャーだということをいつも肝に銘じています。

では次回の釣りはシーズンを迎える小アジ釣りと早朝のキスかなー!!

まず2匹ゲットしました!

今釣れているので簡単に

ガシラ15センチ強です

メバル20センチ強です、これはよく引いた!

夜釣りの準備

2014年6月12日(木)

準備完了!!

釣果大漁祈願

いやいや何よりも事故のないように安全祈願ですねー!!

0612jiyunbi_1.jpg
↑道具一式です!

0612jiyunbi_2.jpg
↑夜釣りで使う電気ウキの点灯テストです、全てOK!

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

20年ぶりのプールで泳げるのか

2014年6月9日(月)

梅雨の中休みでしょうか?本日の大阪は快晴です!!

さて本日の記事は

先々週から通いだしたプールについて書いてみたいと思います。

プールで泳ぐのは約20年振りかな?
確かその時は友人が会員に入っているスポーツセンターでビジターで入りましたが

25メートルを2本泳いだだけで足がつってその後全く泳げなかった苦い経験を思い出しました

泳ぎには自信があったのでこの時はかなりショックでした

今思えば当然です、当時は未だタバコも吸っていたし運動などなにひとつしてませんし、近くのコンビニに行くのも車やし
だから殆ど歩くこともしない超不健康な日々を送っていたので(^^ゞ

で、あれから約20年経った今はというと....

まーあの頃とは考えられないくらい歩く歩く、ウォーキングをしていることも関係しているとは思いますが
1キロ、2キロのとこなら確実に歩いて行きます。ホームセンターでもスーパーでも(重い荷物の時は車ですが)

プールのあるスポーツセンターまでも勿論歩いて行きます、片道約1.5キロくらいなので楽勝ですよ!

過去の苦い思い出があるので今回は水に入る前に入念にストレッチで筋肉をもみほぐして準備万端です!
それに今はウォーキングでひと月60~70キロは歩いているので足腰の筋肉は結構使っているので昔みたいなことはないだろう...たぶん...いや絶対大丈夫!一抹の不安はよぎります......

さて泳げるのか??


0609pool_1.jpg
プールのあるスポーツセンター入口です

0609pool_2.jpg
↑ここのプールは25メートルが8本並んでいます。
この写真はひとつ上の階の見学用スペースから撮影しています。

0609pool_3.jpg
↑手前2本は歩く人専用です、奥の2本はプール教室が使用しますので
一般は間の4本を使用します。


さてでは水に入ります、といってもぬるい水なのでヒヤッとはしませんので安心です!

オー!懐かしい感触♪

まずは平泳ぎで25メートルをと泳ぎだしますが半分くらいのとこで足の痛みが襲ってきます。でも何とか25メートルは
泳げましたがこの時もう足は痛みで直ぐに動かせない状態でした。

ウォーキングで普段足は使っているから水泳でも問題なく動くだろうと思っていましたが
とんでもないです、ウォーキングで使う足の運動などとは比較にならないくらい重労働です、とにかく足が重い(^^ゞ

恐らく泳いだことが20年ぶりだったので足の動かし方もどこか間違っていたんでしょうねー、進むのも遅かったし、

まーしばらく水の中で休憩していたら徐々に回復してきたのでよかったですが(^^ゞ

今はウォーキングで普段足は使っているから足のけいれんもつることもなかったので何の運動もしていなかった20年前の時と比べると回復する時間は格段に違いましたねー、というより昔は回復しなかったので(笑)

その後クロールに挑戦、意外とこれはスムーズに泳げます、ただ息つぎのタイミングが難しいですねー、
片腕での水泳の場合、平泳ぎは前の水をかいていけば息つぎは前を向いているのでなんとかいけますが
クロールの場合、息つぎは横になるのでこの場合どうしても私の場合左でしか息つぎが出来ません。
右で息つぎしようとすると左では支えられないので沈んでいきますのでうまくいきません。

それでもじょじょに昔の記憶を取り戻し、だんだんとスムーズに泳げるようになりましたー♪
クロールの場合、要は息つぎの回数を減らせば解決出来るだろうとその後は25メートルを3回の息つぎで克服出来ました!

調子に乗ってバタフライも!あー!これは無理だー、15メートル泳いだとこでバテバテです、腕が上がりません、無茶はやめとこう!楽しくなくては運動にならないので!

なんだかんだでトータル25メートルを10本泳いで終わりました♪

0609pool_4.jpg
↑瞬間の脱水機です、ここに水着を入れて回すと10秒で脱水出来ます、イヤー便利だー♪

0609pool_5.jpg
↑泳ぐにはこれが必需品です!ないと入れてもらえません(^^ゞ


先週も泳いできましたが先週は25メートルを20本(10往復)泳げたので徐々にいい感じになってきています♪

余談ですが
実は笑ハゲ、やつは水泳は得意ですよ、ワタシは昔やつのことを「アメンボ」と呼んでましたわー(笑)

小学校の時から水泳部でこの時の水泳部オリジナルの海パンと黒帽がカッコいいんですよー!

ワタシら一般は紺の海パンと白帽ですがやつら水泳部だけがオリジナルのスカイブルーの海パンと黒帽なんですよー

1年に1回、笑ハゲが唯一脚光を浴びていた時ですわー!!笑ハゲはあの当時の海パンと黒帽は持ってるのかなー?




では今週も泳ぎ?

いえいえ今週は釣りに行きまっせ―!夜釣りで!
その為に仕事の調整を必死でやってるとこですー、
全行程を前倒しで、くー大変やー、平日に釣りに行こうとすると(笑)でも何故かニヤニヤしています!(^^)!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。