FC2ブログ

梅雨が明けていないので雨中の釣りでした

2012年7月8日(日)

本日の記事は先週の土曜日の釣行レポートです。

かなりの長編なので興味のない方はスルーして下さい!

仕事や何やらでずっとバタバタしていたので好きな釣りにもなかなか行けず今回の釣行は約1年振りの釣りでした。

例年、この暑い時期は釣りを避けていましたが今回の狙いのキスはちょうどこれからがシーズンなので暑さとの闘いになるのを覚悟の上行ってきました。

ワンポイント解説
釣りには
ウキ釣り・投げ釣り・ミャク釣り・ブッコミ釣り等色々な釣り方がありますが
今回狙うキスは砂地に潜んでいるので“投げ釣り”になります。

最も数や大きいのが釣れるのは砂浜からの投げ釣りですがこの場合、遠投といって約100M以上は投げなければなりません。
しかし、片腕で投げる私には到底100Mも投げるのは不可能です。昔、中学生の時に釣りを始めて当時もよく投げ釣りに行っていたのでこの頃は100M以上投げれていました。

だが今は無理です、せいぜい50M投げればいいほうです。では、50Mくらいの距離でキスが釣れるのか?

釣れます!!投げづりにはチョイ投げといって30Mくらい投げて釣る方法もあります。

ただこれは砂浜からでは無理です、何故なら砂浜からだと打ち返す波の向こうに投げないといけないのでチョイ投げではポイントまで届きません。
この釣りが適しているのはそこそこ水深のある堤防からのチョイ投げがポイントになります。

では場所はどこが?私が住んでいる大阪市内近辺からとなるとやはり和歌山の方までいかないとこの釣りに適している場所がなかなかありません。

過去に釣りではなく仕事にいった帰りに釣り場所の下見に訪れたところがこのチョイ投げでキスが釣れるであろうと確信をしていたところがあるので今回はそこに行くことにしました。

当日の釣り場です。
時間は朝の6時30分スタートです。

夏0630釣り和歌山-1
↑パッと見は川に見えますが、ここは河口になります。
和歌山市紀ノ川河口(通称青岸)です。
写真でもわかるように沖に岩場の三角地帯があります。
この岩場までの距離は約60Mくらいです。当日の狙いは
この岩場と堤防のちょうどあいだを狙います。底は砂地です。
このような場所には必ずカケアガリといって底に変化があるところがあります。
キスはそのようなところにいますのでここを集中的に狙うことにします。

夏0630釣り和歌山-2
↑釣り始めてだんだんと雲行きが怪しくなってきました

夏0630釣り和歌山-3
↑ポツポツときましたー(+_+)

夏0630釣り和歌山-4
↑めげずに釣っていると!!ヒットしましたー♪右側に見えるのが釣りざおです。

夏0630釣り和歌山-6
↑釣れましたー狙い通りのキスです!!
約15センチくらいのキスでしたー!
小さいけどブルンブルンと心地よいアタリがありましたー!


1匹釣れたのでボーズはまぬがれたのでホッとしましたー。
さぁ!続けて釣るでーと思ったところにこれまでの小雨からとんでもない大雨になったので
さすがにここではテトラの上で足元が悪く危険なので場所を変えることにしましたー。

車で10分ほど走った別の場所で釣りますがここは数日前に降った大雨で流された木が浮いていてとても邪魔でしかも底に何か浮遊物が沈んでいて仕掛けがこれに引っ掛かって非常に釣りにくいので再度場所を変えることに

さぁ、どこへいこう?2つ目までは場所をあらかじめ考えていたので3つ目は想定外でしかも雨はどんどんと
きつくなるばかりで、帰ろうかな??ふと弱気になります。時計を見ると朝の11時でした。

しかし、好きな釣りにやっとこれたのにこんな雨ぐらいでリタイアは情けないし、頭の中で葛藤しながら
車を南に走らせながらやっぱりここまできてキス1匹では帰れないと弱気な気持ちを降りのけて新たな釣り場を探してナビと睨めっこに(^_^;)

先ほどの流木を考えると和歌山市内近辺ではどこへ行っても同じように思えてちょっと海南方向まで足を伸ばしてみようと車を走らせました。

しばらく走ると道路が海岸線になり右側は海が見えるようになってきました。それから横道に入り山道を下っていくと綺麗な海岸に出ました。

この海岸線のどこからでも釣りは出来そうです、しかも雨も上がってきました。
「いいぞー、ここらならどこでも釣れそうやー」でも、ひとつ心配事が、それは車のパーキングです。この辺はいなかなのでコインパーキングもなさそうだから止めるには路上駐車しかありません。

こんな田舎なら駐禁はまずこないと思いますが、道路にはあちこちに駐車禁止の看板が無数にあります。
これは恐らく釣り人があちこちに止めるので地元が警戒しているのでしょう、私の経験上こういう場所に置くと
間違いなく駐禁を切られます。

釣りに来て駐禁を切られるほどむかつくことはないので
ここはちゃんと止められる漁港のパーキングを探すことにします。
しばらく走ると大きな漁港に出ましたー、パーキングもありそうです。ただ、人が無茶苦茶います。
これでは釣りは無理です。割り込む余地もないほど人だらけです。

みんな考えることは同じです。駐禁が怖いからパーキングのある漁港に人は集中します。
こうなるとどこでもいい、とにかく車が置けて人の少ないところならと淡い期待をしながら車を南下すると
いきどまりになり横は砂浜になっていました。

しかもポツンポツンと車が置いてあるので
「これは天の恵み」!!とここに車を置いて道具を下ろしていると、やっぱり来ましたー、地元のおばちゃんが

私は既にわかっていましたー、料金を徴収に来たなと、大体漁港の中の敷地内は昼間に車を止めていると必ず
お金を徴収しにきます。これも漁協の収入の一部になるので、今ではどこの漁港でも大体お金を徴収されます。

でも、この方が有り難いのです。無断に止めていて後でいいががりをつけられたり車にいたずらをされる事を思えば事前にお金を徴収された方がすっきりします。約500~1000円くらいです。
時間は大体どこでも終日なのでコインパーキングに1日止める事を思えば安いもんです。
ここも料金は600円でした。

しかもこのような地元のおばちゃんからは現在の釣り状況の情報収集を行えますので非常に有り難いです。

釣り状況の情報を聞くと
おばちゃん「兄ちゃん、何狙いやー?」
わたし「キスやねん、どない?」
おばちゃん「キスかー?キスはまだ早いかな、ポツポツとは釣れてるけどこの前の雨で濁りがまだあるからなー、グレやったらそこの堤防でよう上がってるでー!」
わたし「グレかー、そやなーキスがあかんかったらグレを狙ってみるわー、おばちゃんおおきに!」

と、しっかりと情報も収集出来たのでいよいよ釣り再開です!!

できちんとお金を払うとこのような証明書を貰えますので

夏0630釣り和歌山-11
↑これをダッシュボードに置いておくと誰に文句をいわれることなく堂々と1日中
止めておけます。直ぐ前は釣り場ですがここで再び大雨がー


とりあえず雨が小ぶりになるまで車の中で仕掛けを作ることに


夏0630釣り和歌山-6
↑このへんまで来ると水の色がとても綺麗です!
晴れているともっと綺麗です!

夏0630釣り和歌山-12
↑やっと釣れましたー、が(+_+)チャリコ(鯛の幼魚)でしたー。


このあと釣れるのは同じチャリコとフグばかりなので
これからはおばちゃんのいっていたグレ釣りに切り替えることにしました。



夏0630釣り和歌山-7海面1
夏0630釣り和歌山-8海面2
↑小さい魚がいっぱい泳いでいます。グレはこの下にいます。

夏0630釣り和歌山-9グレ2匹目
↑グレが釣れましたー!手のひらくらいの大きさですが結構ひきます。
この少し前にも釣れていたのですがハリス(0.6)が細すぎてあげてくる途中で
切れてしまいました。
なので少し太い目のハリス(1.0)に変えて直後にヒットしましたー!

夏0630釣り和歌山-10
↑当日の釣果です。手のひらより小さいのは放流しました。
手前の大きいのは約20センチオーバーだったのでいいひきでしたー!
雨がやむタイミングで急いでクーラーの上で撮影したので
サカナを下に落としてしまい砂だらけになっています(^_^;)

夏0630釣り和歌山-13
↑放流した手のひらより小さいサカナ

夏0630釣り和歌山-14
↑グレは煮つけでいただきました。(旬は冬ですが)
この時期のグレはあまりおいしくないハズですがまーまーの味でした。


結局本命のキスは1匹だけでしたが他の魚も釣れて雨中の釣りでしたが結構楽しめました。

キスは秋に再度リベンジ予定です!!

ジョイカンパニー楽天市場店ブログ用バナー
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

「なかなかありません」の「あ」が抜けとるぞ。

本編の意見

小説なれしとるわしには、これくらいは短編小説以下や。

釣り知識はほとんど0やけど、これなら意味はわかるで。

わしには分からない駐車ルールとか、投げ釣りの種類とかも。


ただ、友人のわしやから興味は無くても一応、真剣に読んだけど、友人、ブログをリンクしている方以外の興味の無い方は間違い無くスルーやで。


ところで,ブラックバスを釣るやつは、何のジャンルやね? 浮き釣りか?



Re: タイトルなし

げっ(*_*)ほんまやー!直しとくわ、おおきに(^_^)

Re: 本編の意見

興味のない方は間違いなくスルー?それは当然!!
それがブログなんやから。

読みたい人だけが読んでくれたらいい、はじめからこんな長い分はだれも読まないやろーと
決めつけるのはブロガーのエゴやー。

写真だけを楽しみたい人もいれば文章を読んで楽しむ人もいる、それは見る人の自由やから。

書きたいことをそのまま書くのが俺のブログに対するポリシーやから!

今回の釣りの記事でも1週間前の出来事を頭の中で思い出し写真と照らし合わせて文章にしていく作業が
どれほど大変なことかー、リアルタイムで書く記事は記憶も新鮮だからすらすらと書けるが、1週間前となると
記憶と文章をリンクさせることから始まるのでひとつひとつ出来事を辿っていかなあかんので重労働やー。
さらに全て真実のことを書いているので正確に思い出せないと書けない。

たった一人でもいい、最後まで読んでくれる人がいるのなら俺は書く。

大体、人のブログに対してあーだこーだとケチをつける奴はただのクレーマーと同じやで。
人にどうのこうのいう前にいっぺん自分でやってみたらどうやー、1週間前の出来事を正確に記事にして写真とリンクさせて長編の記事を書いてみー!

あ~ん!叱られちゃたあぁ!
え~ん!


1度[笑ハゲ料理レシピⅠ]で超長編の「新世界国際劇場体験談」を書いたけどな、アクセス数が3ぐらいやったがなあ。

もうこりごりやあ…

ほんでブラックバス釣りのジャンルは何なん?

Re: タイトルなし

ほーv-403ええ返しやないかい!
ではゆるそうv-354

ブラックバスのジャンルはルアー釣りやー、ルアーとは作りものの仕掛けで生きたエサを
使わないゲーム感覚の釣りやー!!

最近は若い女の子でも釣り好きが増えているのはこのルアーフィッシングの影響が大やなー
女の子はあのミミズみたいなゴカイを触るのに拒絶反応を起こすからv-363

なるほどな。

わしも餌の要らんサビキ釣りやったら南港でやったことがあるでえ。

平均すれば、2,3分に1匹はイワシが釣れたなあ。

あれなら面白いな。
時間をかけて大物狙いはわしには向かんわ!

投げ釣りの練習だけはした事があるが、あんなもん真っ直ぐに飛ばんがなあ!

Re: タイトルなし

サビキで2-3分にイワシが1匹?とんでもない、今の時期やったら30分で50匹は楽勝やでー!

サビキは針が10本くらいついているので1回上げたら3~4匹は確実についてるからなー。

2時間くらいやったら3ケタは確実やなー、小アジがメインやけど。逆に今はイワシが少なくなったなー。
昔は100匹くらいは楽に釣ったけどなー、水温の上昇が関係してるんやろ。

海釣りはキスから

こんばんは、イオラーさん。釣りは楽しいですよね。
釣堀は小さいときからしてましたが、最初に海釣りをしたのは中学生のとき、父親の磯竿を勝手に持ち出し友達と泉南の箱作にいったときです。
なんせ初めて投げるのが太くて長い磯竿ですから、うまくいきませんが、そのうちなんとかまっすぐ投げれるようになりました。
でも掛かるのは狙いのキスではなく、がっちょばかり。
メゴチというらしいですが、これがねばねばして気持ち悪い、でもからあげにすると白身で結構食べれるんですね。
お話を聞いているとイオラーさんは相当な腕前のようですね、おいらもチヌやスズキ、太刀魚にイカ、タコなどいろいろやりましたが、腕のせいかもうひとつです。
これは是非、一手御教授願いたいものですね。

Re: 海釣りはキスから

ryoさん、こんばんはー!
僕にとっての釣りは自分を見つめ直すのに格好の遊びなので
区切りをつけたい時や新しいものにチャレンジする時などにまず釣りで精神統一してリラックスしてからと
いうのが最近の形になってきてます。

キスの場合は箱作(それもかなり昔)より南に行った方が釣れる確率は高くなります。
高い水温を好むサカナなのでどうしても南の方がいいと思います。

ご教授だなんて、とんでもない、私もたいしてうまくないですよ。
自分が出来る釣りはよくわかっているつもりなのでその中でその季節に合った釣りをしているだけです。
サカナと向き合うことで他の事と闘っている時のシュミレーションみたいなもんですねー!

では今度秋くらいに一度ご一緒しましょうねv-221



カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR