FC2ブログ

第4章「自分で立ち上がった~脳梗塞の恐ろしさと不思議」

第3章「お見送りの意味は?」からの続きです→とんでもない病院から無事に脳神経外科の専門病院に移ることが出来た友人と次に会ったのは移送されてから約1週間後でした。3~4日はICU(集中治療室)に入っていたそうで、一般病棟に移動出来たのが1週間後ということでした。

友人の具体的な病状は右脳の脳梗塞による左半身の麻痺が後遺症として残るという所見だったそうです。一般病棟に寝かされている友人の顔色はややむくみがあり病人そのものの顔をしていました。

この時は会話をするのもしんどそうで、食事も極限まで味を制限された食事なので見るからにまずそうなのでほとんど手もつけず、でも食欲はあるみたいでひたすら「はらがへったー、はらがへったー」とつぶやいていました。何より本人が自分の置かれている今の現状を受け止められないみたいでふさぎこんでいる様子が数日続きました。

最初に行った時は完全に寝たきり状態でしたが3~4日経ったくらいの時には何とか車いすでの移動は出来るみたいで、私と顔をあわせれば「はらがへったー、下の売店でチョコレート買って来て」など無理難題を押し付けてきました。

病状は回復していますが彼の場合、脳の病気なので食べる物は医者から許可されているもの以外は絶対に食べさしてはいけないといわれているのでとにかく「今はガマンしろ!」としかいえないので辛抱をさせることに努力しました。

友人の中では空腹感が辛いというのも勿論ですが、それよりずっと気になっていたのが会社のことで社長である自分が倒れていなかったら会社の仕事はまわっていくのか、それが一番気がかりだったようで、私は病院に行った時には逐一会社の作業状況を報告し、時には友人に指示を仰ぎながら進行していくという事を毎日の日課として行っていました。

すると日が経つにつれだんだん友人の顔色が変わってきた(何となく血行がよくなっているような)かんじがするようになり、病院に行く度にひとつ新しい動作が出来るようになっていきました。このころになると仕事関係の人たちが見舞いに来てくれるようになり、それがまた励みになっていったのかリハビリも順調にこなすようになり、いつも乗っている車いすから降り、とうとう自分の足でたつことが出来ました。

大体、脳梗塞という病気は高年齢の方が発症することが多いので、高齢となるとなかなか回復にも時間がかかるらしいです。その点、友人はまだ40代なので極めて回復も早かったのではと医師もいっていたそうです。友人から聞いた話ですけど人間の体のしくみは脳から色々な伝達が各機関にされていき、手や足が動いていると、中でも足はわりと簡単に伝達がいくそうなのですが、手は複雑な伝達方法になっていてなかなか指令がいきわたらないそうです。だから、この時の友人は左半身麻痺ですけど左足は結構動くようになっていました。曲げたりも出来るし、指を動かすことも出来る、しかし、手はいくら動かそうとしても重く痛みだけがあり全然動かなかったそうです。

そして、友人の麻痺が残っているのは左手だけなのでリハビリを専門とする病院に移った方がいいということで年明けにリハビリ専門の病院へ移りました。

このリハビリ専門の病院へ移ってからは、いつも登場する私の料理の師匠が毎週休みの時に見舞いに行き、リハビリの手伝いや外出時の付き添いなどのケアを請け負うようになり、料理人としての役割で減塩用の料理を作って食べさせたりしていると、友人も力が湧いてきて昼間に外出して会社へ来るまでに回復して、約1カ月半で退院しました。

ここで話を第1章にまで戻しますが、
友人が倒れて横になっている時に私がいった一言「寝とけ」といったことが大きな間違いであったことを改めて説明します。

これも友人が医師(担当の医師)に聞いてわかったことなのですが、脳梗塞を発症した初期の段階は脳に行く血管が詰まってしまっているのでこん睡状態に陥るらしいです、しかし、この時点では脳自体が完全に機能を停止しているのではないので脳を動かす意味で寝てはいけないそうなんです、寝てしまうと脳は完全に数分で停止してしまい死に至るらしいです。

だから、私が出した指示は命を止めてしまう指示だったのです。そのことをあとから友人から聞いてゾッとしました。普通、具合が悪くなった人がいたら横になって寝ておくようにいいますよね、脳梗塞の場合は全く逆でずっと起こしていかなければいけないそうです。

初めてしった脳のメカニズム、それに今友人は左手もゆっくり握ったりは出来るようになっています。本当はダメな事ですが車の運転もしています。昨年の12月中旬に脳梗塞を発症してからわずか5カ月後に通常の生活が送れるくらいまで回復しております。

これもはじめて知った事ですが、脳の中には普段使われていない脳細胞があるということです。この友人の場合、梗塞でだめになった脳の代わりにこれまで使われていなかった別の脳が動き出しているということです。

へんな例えですが、
鉄道の路線で長年フル回転してきた電車が老朽化して使えなくなり、代わりにコース自体も今までとは全く別のコースを使い新たに最新の電車が動き出す。
そんな働きをしているのではないのかな、脳という大きな宇宙は。



今日の血圧/夕食後
104-69(いいねー!グッジョブ)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう!イオラー

正直、あの時に作った物はマヨネーズです。
イオラーは私を立ててオーバーに書いてくれてますが。

イオラーから「塩抜きのマヨネーズは作れないか?」と話があり、「任せなさい!」と張り切って作りました。
私のアドリブで卵を少な目にして、コレステロールを控えた物を作りました。
イオラーは野菜サラダをめい一杯食べさせたかったのでしょう。

でも2週間程前に退院後の彼に会った時に、左手の回復の進み具合とか、目の前でスキップをする様な事をして「お前のマヨネーズのお陰や!」と一言……私は料理人としての生き甲斐を感じました。

これからもイオラーと共に色んなレシピに挑戦させて頂きますので、お手空きな時にでもご覧になって下さい。

お見事です!

イオラーさん、お師匠さん、お早うございます!
見事な連携ですね。

脳の場合、新たなコース(線路?)作りが非常に厄介な問題になってきますが、ものすごいスピードで回復されたみたいで本当に良かったです。

脳梗塞の場合、脳血流量の不足が関係しているといわれます。
脳血流量を増やすために、また、脳細胞の新たな構築を促す意味でも、うちの娘も使っている【パタカラ】がお勧めです。

イオラーさん、お師匠さんのお人柄が伝わってくる記事でもありました。
これからも楽しみにしております。

Re: ありがとう!イオラー

元からあいつは野菜をあまり摂れへんかったからなー!
手作りのヘルシーマヨネーズは唯一、あいつが野菜を摂れるアイテムやったんやろー。
最近でも昼に会社で「おいしいおいしい」といってパクパク食べてるでー♪

この師匠が友人の為に作ってくれたマヨネーズのレシピは近じかご紹介します。
イオラーにも作ってくれたので、ほぼ毎日このマヨネーズで野菜サラダをいただいております。

さあ師匠!おやぢパパさんもナイスコンビと褒めていただいているのでこれからも皆さんの役に立てれるような料理作りを頑張っていこーv-221

Re: お見事です!

有難うございます!
身内の方に脳の疾患を患っていらっしゃるおやぢパパさんの脳の知識と私の知識では
くらべようもない差があると思いますので、文中では多々表現等に矛盾を感じられることもあったと思いますが最後まで読んでいただき感謝しております。

今回の事で脳というものは本当に不思議な世界であると初めて体験しました。

友人も驚異的な回復をしておりますが、まだまだ後遺症は残ったかんじなので、おやぢパパさんの娘さんと共に一日も早い根治を師匠と共にお祈りしておりますv-222
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR