FC2ブログ

冷蔵庫の残り物で作る料理-第3弾-「炒り卵丼」

いやー暑い

梅雨が明けてからは日本全国猛暑でおおわれております。こんな時はやっぱり涼しい料理を食べたくなりますねー、では次の涼麺シリーズのご紹介ですといきたいところですが、師匠からの伝言では「また新しい涼麺を考えているので冷蔵庫の残り物シリーズでつないでくれ」とのことでした。

まったくイオラーの自慢の料理レシピをつなぎで使うとはまこと無礼なやっちゃー!
よーし、見ておけ師匠!とてもつなぎで作るようなレシピではない料理を作ってやるー!

勿論、全て冷蔵庫の残り物で作るので給料日前の節約しないといけないというシチュエーションで
目標1人前150円くらいを目安に考えて作りました。

それでは冷蔵庫の残り物で作る料理の第3弾「炒り卵丼」をご紹介致します。

この料理のベースは「石焼きビビンバ」をヒントに作っていますので、土鍋を使用しています。土鍋といっても一人用の100円ショップで売っているものなので土鍋を持っていない方は100円ショップでお求め下さい!

ではイオラー「炒り卵丼」のレシピです↓

まず、丼にかけるタレを先に作っておきます。

1対1の定義で(師匠風に!間違ってたらゴメンナサイ^_^;)
醤油1、酢0.5、ラー油0.2、砂糖0.2
を容器で混ぜ合わせて完成です。あとは完成したタレを冷蔵庫で冷やしておきます。

タレを調合して容器に入れたところです↓
炒り卵丼_1

次に炒り卵を作っていきます。

炒り卵レシピ
タマゴ1個と今回は割増感を出す為に少し牛乳を加えました。味付けは1滴の醤油と酒少々を入れただけです。
これを鍋に入れて火にかけてひたすらかきまわすだけです。

※今回は牛乳を入れているので水分がなかなか抜けませんでした、もし同じように牛乳を入れられる場合は水分がなくなるまで鍋で炒って下さい。水分があると丼にトッピングした時にベチャベチャしますので。

鍋に調合して混ぜた卵を入れて完成したところです↓
炒り卵丼_2


具材は
※ハム(通常のハムよりボリュームが欲しかったので、ハンバーグのような塊のやつ(198円で購入)を今回は使いました)ともやしとキューリを使いました。

※ハムは千切りにして軽くごま油で炒めて、もやしはナムルにして、キューリはスライスにしておきます。

次にご飯の仕込みです。
火にかけた土鍋にごま油をハケでまんべんなく塗り、そこにご飯を入れて中火で少し焼いていきます。
土鍋にごま油をハケでまんべんなく塗ったところです↓
炒り卵丼_3
ご飯を焼いているところです(中火で1~2分くらい)↓
炒り卵丼_4

ここで火から下ろします。

次にトッピングです。
まずもやしナムルを全体に置き↓
炒り卵丼_5
ハムとキューリを載せたところです↓
炒り卵丼_6
上から炒り卵
炒り卵単品です↓
炒り卵丼_7
炒り卵を乗せて完成です↓
炒り卵丼_8

最後に、作っておいた冷蔵庫で冷やしたタレをまんべんなくかけて、あとは食べる時によくまぜながらかきこんじゃって下さい。
タレを丼にかけたところです↓
炒り卵丼_9
よく混ぜたところです↓
炒り卵丼_11
やっぱり丼には味噌汁も(勿論、残り物で)↓
炒り卵丼_10
炒り卵丼_11
アップで美味しそうでしょー(^_^)↓
炒り卵丼_12

ワンポイントアドバイス

タレは調合はほぼギョーザのタレでそこに砂糖を少し入れただけのものです。砂糖はお好みで入れられればよいと思います。

もし、土鍋がない場合は普通の鍋でも出来ると思いますが、結構鍋にご飯がひっついてやりにくいと思います。
石焼き用の土鍋があればもう最高です!!

具材はなんでもお好みの物を入れられればいいと思います。テーマは冷蔵庫の残り物なので、大体ご家庭の冷蔵庫にあるであろう「タマゴ・キューリ・もやし・ハム」といったオーソドックスな具材で今回は作りました。

給料日前であと数日は節約して残り物だけでやりくりしないといけないような場合は是非一度お試しください。

今回の料理の材料費(大体ですよ^_^;)

タマゴ、1個・・・15円
牛乳、少々・・・5円
もやし、半袋・・・15円
ハム、3切れ・・・20円
キューリ、少々・・・10円

味噌汁の具・・・50円
タレの調味料一式・・・20円

合計 135円(目標額150円をクリアー)


[感想]

食べた感想は、非常にあっさりしていますので夏バテ気味な今の時期にはあうのではと思います。この時期、冷たい物を食しがちなので胃腸が弱りやすいので冷たい物の合間にこのようなあっさり系の丼もよろしいのではないかと思いました。

皆様からのコメントをお待ちしていますのでどうぞよろしくお願いします。
コメントには必ずお返事をさせていただきます。

今日の血圧/朝食後
111-82(何故か昨日は高数値を叩き出していましたが、本日は落ち着いておりますメデタシメデタシ、やっぱりイライラしてはいけないなー)

下の拍手↓にもポチっとお願いします
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

次の涼麺シリーズがつなぎになりそう!?

135円やったら、次の涼麺ネタの方が安いがなあ!
100円切りそうなネタやのに!
どないしてくれんねえぇ!立場が逆転してもうたがなあぁ!
…けど…この丼ぶり……めっちゃ!うまそうやないかい!色んなアイデアが詰まっとるし!ドリーム丼ぶりやでえ!腕上げたなあ。後15円分ニンニク入れたら、今の時期にバッチリやないかぁ!



ちなみに昨日も吉野家で牛シャケ定食を食べました。今日も今から吉野家に行きます。時間帯で店員が代わるから、行きやすいですね。

Re: 次の涼麺シリーズがつなぎになりそう!?

師匠!

135円は味噌汁の分も入っているから、炒り卵丼1品やったら100円は確実に切ってるでー!

ニンニクは忘れてたなー、今度から入れよう!

それとー、丼ぶり→丼だけやでー、丼ぶりやったら“どんぶりぶり”になるぞー(笑)
ホンマ吉野家の牛シャケにハマリすぎやぞーv-403

料理用語は俺には勝てんよ!

丼…どんぶりぶり…!?
丼→正解
丼ぶり→こちらの方がもっと正解
「丼」一文字で「どんぶり」と読む方は全体でたったの2割で8割は「どん」と読む。
吉野家で「ぎゅうどんぶりのなみください。」←こんな奴居らんやろう!
店側が「どんぶり」と読んで欲しい場合は「丼ぶり」とメニュー表示しまっせ!

うーしゃんふぁん、ヒレ肉、すり切れ…多数決の原理で今回も4度目の俺の勝ち!料理用語に関しては口挟まん方がええなあ!

Re: Re: 料理用語は俺には勝てんよ!

> きよったなー、小姑めーv-40
>
> ほんなら、こんな意見もありまっせー!
>
> ----------------------------------------------------------------
>
> 「丼」は国字(和製漢字)です。
> 本来は「井(せい)」の異体字。
> 「タン」「トン」とも読み、井戸に物を投げこんだ音を表す字。
>
> 余談:
> 「丼」だけで「どんぶり」と読むのが正しい。
> ↓
> 「鰻丼(うなぎどんぶり)」→「うなどん」などの省略形が定着。
> ↓
> 「丼」を「どん」と読む勘違いが増えた。
> ↓
> 「どんぶり」を「丼ぶり」と書く勘違いが広まっている。「丼ぶり」=「どんぶりぶり」?
>
> -----------------------------------------------------------------------------------
>
> さあ、どう回答するかなーv-403v-391v-411

補足
お店でオーダーする時は、省略系で「どん→丼」→これを文章等の活字に使用する時は「どんぶり→丼」
という認識でいてましたー。by イオラー

日本語だけに起こる現象

先程言った様にどちらも正解です。ただ!日本語は段々変わって行くもので、後100年くらいすれば、間違いなく2割の「どんぶり」は無くなって「どん」一本化になるでしょう。
正解は正解やけど、認識不足の方が多いからあの突っ込みはほとんどの方が気づか無いでしょうね。
正直俺もあのコメントを書いた時間まで、突っ込みの意味が分からんかった。たまたまネットで「どんぶり」を検索したら「丼」と「丼ぶり」が並んで出たから、いまだに「丼」1文字で「どんぶり」と読む人がいたんやなと気づいた!
イオラーは 「クイズ日本の言葉の変化」と言う番組があったら優勝間違いないぞ!

PS 「丼ぶり」て書いて「どんぶりぶり」って読む……そんな奴居らんやろう!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リスト

プロフィール

イオラー

Author:イオラー
イオラーProfile
S37年生まれ、浪速育ち
現在の職業:インターネットショップオーナー(従業員はいませんよー^_^;)
インターネット商品販売・Webデザイナー・サイト企画・構築・サポート
商品販売サイト
ジョイカンパニー楽天市場店



11月より新しい家族のネコ3匹です♪



パト



サキ



ヤン


最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Book Mark !
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
あわせて読みたい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR